Alexa Presentation Language(APL)オーサリングツール



APLオーサリングツール

APLの概要も参照してください。

以前に画面表示を利用したスキルを作成したことがあれば、Displayテンプレートもよく使用しているかと思います。APLオーサリングツールを使用すると、APLをゼロから構築することも、作業の土台として使用するサンプルテンプレートを選択することもできます。どのように作業を始めた場合でも、APLオーサリングツールで目的に応じてコンテンツを編集できます。

APLオーサリングツールを開く

オーサリングツールを直接開くには、https://developer.amazon.com/alexa/console/ask/displays/?をクリックします。

開発者コンソールでスキルの作成や編集を行っている場合は、左にある画面表示リンクをクリックすることもできます。この場合、別タブにオーサリングツールのページが開きます。

どちらの方法でも、オーサリングツールで作成するコンテンツをいずれかのスキルにリンクして、スキルサービスの応答で使えるようにするには、コンテンツのコピーまたは書き出しを行う必要があります。

サンプルテンプレートかアップロードしたコンテンツを利用するか、ゼロから作業を始める

APLオーサリングツールページで、いずれかのテンプレートを選択するか、「最初から作成」またはすでに持っている「コードをアップロード」できます。

APLオーサリングツール:テンプレートの選択
APLオーサリングツール: テンプレートの選択

サンプルテンプレートを利用して作業を始める

テンプレートを選択した場合は、そのコンテンツをスキルに追加したり、スキルに合わせて変更したりできます。オーサリングツールに含まれているサンプルのベースはDisplayテンプレートです。このテンプレートは、画面にコンテンツを表示するAlexaスキルを開発した方は使用したことがあるかもしれません。たとえば、詳細テキストサンプルは、BodyTemplate1に似ています。

APLオーサリングツール:詳細テキストサンプル
APLオーサリングツール: 詳細テキストサンプル

これらのサンプルに含まれるすべてのタブのJSONデータコンテンツを確認することで、APLの構造を把握できます。

デフォルトでは、レイアウトに含まれるコンポーネントは、画面左下のセクションに階層形式で表示されます。コンポーネントをクリックすると、中央下のセクションにコンテンツが表示されます。中央下にフォームが表示され、そのコンポーネントのパラメーターが一覧表示されます。コンポーネントの各フィールドに値を入力できます。必要に応じてオプションのフィールドを空白のままにします。フォームを使うと、各コンポーネントに有効なJSONが含まれていることを確認しやすくなります。

APLオーサリングツール:コンポーネントフォーム
APLオーサリングツール: Containerフォーム

コンポーネントを追加するには、追加先のレイアウトをクリックします。+をクリックし、コンポーネントを追加ウィンドウにコンポーネントの情報を入力します。コンポーネントを削除するには、選択した状態でゴミ箱アイコンをクリックします。

コンポーネントの編集時に、別のコンポーネントをクリックしてから変更したコンポーネントに戻っても、以前に行った変更内容は保持されています。作業バージョンの保存について詳しくは、作業の書き出しと保存を参照してください。

右下にあるスイッチをクリックすると、コンポーネントを表示するか、作成中のコードを表示するかを切り替えられます。このコードビューでは、コンポーネントすべてを含むJSONファイルのドキュメント全体を確認して、直接編集することができます。編集後もJSONが有効なことを確認します。

APLオーサリングツール--コンポーネントビューをコードビューに切り替える

このパッケージに関連付けられたドキュメントリーススタイルのコンテンツは、右下のセクションで確認できます。表示するJSONコンテンツをクリックすると、そのコンテンツが表示されます。これらのコンテンツは、レイアウトのコンポーネントと同様に編集できます。コンテンツの表示と非表示はクリックで切り替えられ、変更内容は自動で保存されます。以下の図は、詳細テキストサンプルドキュメントコンテンツです。

APLオーサリングツール:ドキュメントコンテンツ
APLオーサリングツール: ドキュメントコンテンツ

APLオーサリングツールにコードをアップロードする

作成済みのJSONがある場合には、「コードをアップロード」をクリックしてJSONファイルをエディターにアップロードしてください。その後、必要に応じて変更できます。この編集プロセスは、サンプルテンプレートを使用して作業を始めた場合と同じです。

最初から作成する

メインページで「最初から作成」を選択した場合は、コンポーネントを最初から作成する必要があります。ユーザー定義のコンポーネントの作成方法については、APLの概要を参照してください。

JSONデータ

サンプルを選択した場合は、左下にあるJSONデータタブに、そのサンプルに関連するデータソースがまとめて表示されます。たとえば、BodyTemplate1の場合、背景画像、テキストコンテンツ、ロゴURL画像の参照が含まれます。このJSONデータタブのコンテンツは、使用するデータに合わせて変更できます。

APLオーサリングツール:JSONデータ
APLオーサリングツール: JSONデータ

作業の書き出しと保存

オーサリングツールでの作業内容を保存するには、コードを書き出しをクリックします。変更内容を含め、すべてのタブのコンテンツを含むJSONファイルが書き出されます。後でこのファイルをアップロードすることで、作業を再開できます。タブを閉じたり別のテンプレートを開いたりすると変更内容が失われるため、作業内容が確実に保存されるようにコードの書き出しを定期的に行ってください。