Alexaスキルのアカウントリンクとは



Alexaスキルのアカウントリンクとは

アカウントリンクは、ユーザーのAmazon IDを、ユーザーが持つ他のシステムのアカウントに接続するしくみです。

たとえば、ウェブベースでユーザーがタクシーを手配できる「タクシー予約」サービスがあるとします。それを元にして「アレクサ、タクシー予約でタクシーを頼んで」とユーザーがリクエストするカスタムスキルを作成できます。 このリクエストを完了するには、スキルがタクシー予約のユーザーとしてタクシー予約サービスにアクセスし、プロファイル情報と支払い情報を取得する必要があります。つまり、Alexa搭載デバイスで使うAmazonアカウントと、ユーザーのタクシー予約アカウントとのリンクが必要ということです。

このトピックでは、アカウントリンクが必要なスキルの種類と、アカウントリンクフローのユーザーエクスペリエンス、スキルへのアカウントリンクの実装方法がどこに記載されているのかを紹介します。

アカウントリンクが必要かどうか確認する

一部の種類のスキルでは、アカウントリンクが必須です。それ以外のスキルでは、任意またはサポートされていません。詳細については、以下のリストで対象スキルの種類を確認してください。

  • アカウントリンクが必須のスキル:
    • スマートホーム  
    • ビデオ              
    • 会議(日本未対応)            
    • 教育 
  • アカウントリンクが任意のスキル:
    • カスタム           
    • 音楽              
    • HIPAA対象 
  • アカウントリンクは、フラッシュニュースなど、ここに挙げていない種類のスキルではサポートされません

アカウントリンクフローを選択する

アカウントリンク中のユーザーエクスペリエンスは、2種類のフローのうちいずれかに該当します。メインとして実装するアカウントリンクフローは、ユーザーに提供したいエクスペリエンスと、アプリやウェブサイトを用意するかどうかによって異なります。

  • Alexaアプリのみ – 最も一般的なフローです。このフローでは、Alexaアプリの中だけでアカウントリンクのユーザー操作が完結します。ユーザーは、Alexaアプリからスキルを有効にし、アカウントリンクを開始(スマートホームなどスキルの種類によっては、自動でプロセスを開始)し、サービスのユーザー名とパスワードを入力します。これは一般的なフローであり、技術文書の多くがこのフローを中心に説明しています。ステップごとの画像や背後で行われる処理については、Alexaスキルにおけるユーザーのアカウントリンク体験を参照してください。
    Alexaアプリのみのアカウントリンク
  • アプリ間 – 2種類のアプリ間アカウントリンクフローを実装できます。
    • 開発者のアプリから開始する場合 – このフローでは、ユーザーがアプリやウェブサイトから操作を開始し、アカウントリンクの開始を選択するとAlexaアプリ(Alexaアプリがインストールされていない場合は、Login with Amazon)にリダイレクトされます。ユーザーがAlexaアプリ(またはLogin with Amazon)でアカウントリンクリクエストに同意すると、開発者のアプリまたはウェブサイトに再度リダイレクトされます。これで、Alexaが提供するAPIを使ったアカウントリンクが完了し、スキルを利用できるようになります。詳細については、アプリ間アカウントリンク(開発者のアプリから開始する場合)を参照してください。
    • Alexaアプリから開始する場合 – ユーザーは、スキルを有効にするか、スキルの詳細ページでアカウントをリンクオプションをクリックして、Alexaアプリ内からプロセスを開始します。モバイルデバイスにアプリがインストールされている場合は、デバイスがアプリを起動し、ユーザーに対してアカウントリンクリクエストへの同意を求めます。ユーザーがリクエストに同意すると、デバイスはユーザーをAlexaアプリにリダイレクトします。デバイスにアプリをインストールしていない場合のフローは、Alexaアプリのみのアカウントリンクフローと同じです。つまり、ユーザーのブラウザが認証ページを開き、ユーザーにアカウントリンクリクエストへの同意を求めます。ユーザーがリクエストに同意すると、認証ウェブサイトはユーザーをAlexaアプリにリダイレクトします。詳細については、アプリ間アカウントリンク(Alexaアプリから開始する場合)を参照してください。

どちらの場合も、アカウントリンクが完了すると、スキルに送信されるリクエストとディレクティブに、システムがユーザーの識別に使うアクセストークンが含まれるようになります。詳細については、アカウントリンクの構成要素を参照してください。