Alexa Gadgets Toolkitの既知の問題



Alexa Gadgets Toolkitの既知の問題

このトピックでは、Alexa Gadgets Toolkitの既知の問題の一覧を示します。

スピーチマークデータ

  • コンテンツのタイプによっては、ビゼームのデータが使用できません。そのようなコンテンツの例としては、画面付きデバイス上でのリマインダー、オーディオブック、Alexaが読み上げたものではないオーディオ(Alexaが読み上げたものではないジョーク、スポーツニュースなど)がありますが、それらに限られてはいません。
  • Alexaの応答にウェイクワード(「アレクサ」、「エコー」、「コンピューター」など)が含まれている場合は、ガジェットがビゼームのデータを受信しないことがあります。

Bluetooth

次の既知の問題は、Bluetooth Low Energy(BLE)に固有のものです。

  • ガジェットがBLEとClassic Bluetoothの両方で検出可能な場合、ペアリングおよび接続の問題が発生する可能性があります。現段階では、ガジェットをBLE専用モードに設定することをお勧めします。
  • 一部のEchoデバイスでは、電源を入れ直した後に、Echoデバイスがガジェットに接続できなくなるという問題が断続的に発生することがあります。接続されない場合、Alexaアプリからガジェットがペアリングされていることを確認します。ペアリングされていなければ、ペアリングプロセスを再度実行してください。
  • 私たちはEchoデバイスとガジェットの接続問題の解決に取り組んでいます。このような場合は、Echoデバイスを再起動してください。再起動がうまくいかない場合は、Alexaアプリを確認し、ガジェットがデバイスの設定接続デバイスに表示されていない場合は、ガジェットを再度ペアリングします。

時間情報

  • 一部のEchoデバイスでは、timeinfoタイプのStateListener.StateUpdateディレクティブが30分ごとよりも頻繁に送られる場合があります。

アラーム

  • 現在、Alertsインターフェースは、音楽アラームのトリガーをサポートしていません。

音楽データ

  • Amazon Musicがミュートになっている場合でも、テンポデータはガジェットに送信されます。
  • 家庭内の複数のEchoデバイスで同時に音楽が再生されるマルチルームオーディオを使用している場合、テンポデータはガジェットに送信されません。問題を回避するために、ガジェットの試作中はマルチルームオーディオを無効にしてください。