Maps API v 2

アプリにインタラクティブな3Dマップを追加しよう
Amazon Maps

Amazon Maps API v2の機能を活用しよう

Amazon Maps API v2 を Fire アプリに統合すると、下記の機能を利用することができます。

  • ズームやパンもなめらか、ハイクオリティな 3D ベクターマップ

  • 標準地図、 ハイブリッド地図、航空地図のタイル表示

  • フラグメントの利用

  • 位置情報の表示

  • ユーザーによるマップ操作時の処理

  • マップ上で特定の場所を示すためのマーカーの追加

  • 2 つ以上の場所をつなぐためのポリラインの描画

  • 周辺地域を強調するため、または領域を丸で囲むための、ポリゴンの描画

Amazon Maps API v2 はFire OS 4.5以降のバージョンと互換性があり、第3 世代または第 4 世代の Fire タブレットで利用できます。それ以前に発売されたタブレットは、Maps API v.2に対応していませんのでご注意ください。

Google Maps API v2 と同等の API を提供

Android アプリケーションで Google Maps API v2 を使用している方は、下記の4つのシンプルな手順で Amazonアプリストアにアプリを簡単に移行できます。

amazon maps step 1

Amazon Maps API v2ライブラリへの参照を追加します。

amazon maps step 2

Fire OS API レベルを宣言し、Amazon Maps API v2 を参照するように、Android マニフェストを更新します。

amazon maps step 3

Google 固有の名前空間とクラスを Amazon 仕様の名称に変更します。

amazon maps step 4

Google Play サービスライブラリに対するプロジェクトの既存の依存関係を削除します。

Amazon Maps API v1を利用している既存のアプリケーションはすべて引き続きサポートされます。Amazon Maps API v1 は、第 2 世代以降の Fire タブレットで利用可能です。

Maps API v1 のドキュメントをお探しの方はこちらから(英語)>>

ただし、新しい機能やツールでより豊かなマップエクスペリエンスをアプリユーザーに提供できるよう、Amazon Maps API v2にアップグレードすることをお勧めします。