Alexaスキルマーケティングガイドライン



Alexaスキルマーケティングガイドライン

この簡易ガイドラインの目的は、Amazon EchoシリーズとAlexaブランドに関する、デザインおよびコミュニケーションの基準を理解していただくことです。Amazonの商標やロゴを含むブランド資産をご使用になるための要件は、こちらの資料でご確認ください。このガイドラインでは、Amazon、Amazon Echoシリーズ及びAlexaについて言及、あるいはAmazonの商標やロゴを使用するマーケティング資料に適用される要件の概要を説明しています。Alexa Voice ServiceやAmazonデバイスを、Amazonの審査を経ることなく、TV CM、映像、ビデオ広告、ラジオ放送、パッケージ製品、懸賞、コンテスト等に使用することはできません。Amazon Alexaブランドの使用についての詳細なガイドラインについては、Amazon Echo & Alexaブランドガイドラインを参照してください。 Alexaのロゴやブランド資産を使用する権利を維持するには、記載されているすべての要件を満たすようにしてください。

ブランドとメッセージングのガイドライン

Alexaについての説明

Alexaについて説明する場合は、以下の表現を使用してください。

Alexaのしくみ
Alexaは、Amazonのクラウドベースの音声サービスです。Amazon Echoやその他のAlexa搭載デバイスを支える頭脳、それがAlexaです。Alexaの使い方は「話しかけるだけ」というシンプルなものです。話しかけるだけで、Alexaがすぐに対応します。
Alexaについての簡単な説明
Alexaはクラウドに存在し、話しかけるほど進化しています。Alexaに頼んで、音楽を再生したり、ニュースや天気予報をチェックしたり、スマートホーム端末をコントロールすることができます。
Alexaについての詳細な説明
Amazon Alexaはクラウドに存在し、絶えず進化しています。Alexaには新しい機能やスキルが続々と追加されています。Alexaに頼んでわからないことを尋ねたり、音楽を再生したり、ニュースや天気予報をチェックしたり、スマートホーム端末をコントロールすることができます。
Alexaについての言及
Alexaについて言及する際のブランディングの名称は英語表記になりますが、Alexaに対する発話の中では「アレクサ」とカタカナ表記になります。但し、発話における使用ということを明確にする必要があります。必ず正しい名称を使用してください。

Alexaスキルについての説明

スキルは、Amazon Echoやその他のAlexa搭載デバイスを通じて、よりカスタマイズされた体験を創出する新たな機能を追加できます。スキルを使用することで、ニュース速報をチェックしたり、タクシーを呼んだり、英語を勉強したりできます*。ユーザーにAlexaスキルの設定について説明するときは、スキルを「有効にする」(ダウンロードではなく)よう指示します。さらに、該当する場合は、Alexaアプリでアカウントをリンクするよう説明します。

*各サービスの利用には、別途料金や契約が必要な場合があります。

推奨事項

  • Alexaとの対話方法について説明する際には、承認済みのAlexa発話を正確に使用してください。承認済みの発話の例を以下に示します。 「アレクサ、今日の予定を教えて」 「アレクサ、クラシックをかて」「 アレクサ、買い物リストに水を追加して」。 その他の承認済みのAlexa発話は、Alexaとできることページで確認できます。
  • 発話を3回くり返してテストし、発話の言葉づかいが正確か確認します。
  • 発話には、ウェイクワードである「アレクサ」を必ず含めてください。ウェイクワードは発話の冒頭におきます。
  • Alexaのパーソナリティを強調するのに適した機能を優先的に示してください。Alexaからの返答が「OK」、「はい/いいえ」となるようなケースは最小限にとどめます。
  • 可能な場合はできるだけ、 以下の表現を使用します。(Alexaに)「話しかけるだけ」。
  • 性能や機能に関する宣伝文句は、AlexaとできることおよびAmazon Echo製品情報ページの表現を活用してください。サードパーティの機能やコンテンツを取り扱う場合は、権利者から直接使用許可を取得することが義務づけられます。
  • Amazonデバイスに関する宣伝については(例:パワフルな360°全方向スピーカー」)、製品情報ページにリストアップされた宣伝文句を使用してください。比較に基づく宣伝文句(例:「他社製品よりも多くのスマートホームデバイスに対応」)は使用しないでください。
  • スキルについて言及する場合は、以下の形式を使用してください。「Alexaスキルの[スキル名]」(例:Alexaスキルのじゃんけん)。スペースに限りがある場合は、次の形式でも構いません。「Alexaの[スキル名]」(例:Alexaのじゃんけんスキル)。
  • Echo製品を一括して指し示す場合は、「デバイスシリーズ」または「Amazon Echoシリーズ」と表現します。
  • Amazonデバイスについて言及する際は、必ず以下に示すフルネームを使用してください。
    • Amazon Echo
    • Echo Plus
    • Echo Dot
    • Echo Spot
  • Amazon商標を取り扱う場合は、必ず商標ガイドラインに従う必要があります。

禁止事項

  • Alexaを説明するとき、次の表現は使わないでください。「パーソナルアシスタント」、「仮想アシスタント」、「ロボット」
  • Amazon EchoまたはAlexa搭載端末について言及するとき、「常に聴いている」という表現は使わないでください。
  • ウェイクワードが使われていない状況で、Alexaが反応している様子を示さないでください。
  • 他製品との比較に基づく宣伝文句は使用しないでください。
  • スキル名と「Alexa」を混合させないでください (例:じゃんけんAlexaスキル)。
  • 自社とAmazon、Amazon Echo、またはAmazon Alexaとの関係を「パートナーシップ」、または「提携」として言及しないでください。
  • Amazonからの正式承認を黙示するような形でAmazonロゴを配置しないでください。
  • サードパーティのブランドをAmazon商標と横並びに配置しないでください(例:ABCテクノロジーEchoデバイス、ABCテクノロジー×Echo デバイスも不可)。
  • Amazon商標を所有格または複数形で表記しないでください(例:Echo Dots、Alexa’s skills)。複数のデバイスについて言及する場合は、修飾語を追加してください(例:複数のEcho Dotデバイス、複数のAlexa搭載端末)。
  • 「Dot」といった製品/サービス名の略称や、「Kindle Fire」といった製品/サービス名の混合名称は使用しないでください。製品/サービス名には、必要に応じて「Amazon」を加えても構いません。
  • Amazon商標には、™または®記号を付記しないでください。
  • Amazon Echoのライトリングにはいかなる加工処理も行ってはいけません。自社製品やサービスのロゴをライトリングの内側に配置する場合や装飾目的の場合であっても同様です。
  • 自社のマーケティング資料に、Amazonのマーケティング資料(パッケージ、商品詳細ページレイアウトなど)と類似したデザインを採用してはいけません。
  • 製品/サービスについて言及するとき、Amazonが当該製品/サービスの詳細ページでそのように表現していない場合は、「まったく新しい」または「新しい」という表現は使用しないでください。
  • Amazonロゴを文の一部として使用しないでください(例:「[Amazon Echoロゴ]対応」)。
  • マーケティング資料に家族の様子を掲載することは可能ですが、子供向けスキルを直接マーケティングする場合を除き、16歳未満の子供がAmazon Echoデバイスと対話する様子は掲載しないでください。

ブランド表示のガイドライン

クリエイティブ資産内でAmazon商標を取り扱う場合は、商標ガイドラインに従い、正確な商標帰属情報を表示してください。また、同商標使用ガイドラインに規定するすべての要件に従ってください。

Work with Alexaバッジ

Alexaから正式に認定を受けたスマートホームデバイスのみ、「Works with Alexa」バッジの使用を認められています。スマートホームスキルでこのバッジを使用することはできません。スマートホームに使用できるバッジは、「Works with Alexa」バッジのみです。詳細については、Works with Alexaバッジを入手するWWAプログラムガイドラインWWA商標使用ガイドラインAlexaブランド使用のガイドライン詳細版を参照してください。

Alexaスキルバッジ

Alexa Skills Kitを使用して作成されたスマートホーム以外のAlexaスキルには、Just Ask Amazon Alexaバッジの使用資格が与えられます。スマートホーム・スキルは本バッジを使用できません。スマートホームの場合、使用できるバッジはWorks with Amazon Alexaバッジのみです。Amazon Alexaブランド使用の詳細なガイドラインについては、Alexaブランド使用のガイドライン詳細版を参照してください。

Alexaスキルバッジ
「Just Ask」バッジ
「Just Ask」バッジの色
白背景に青いロゴ
「Just Ask」バッジの色
白背景に黒いロゴ
「Just Ask」バッジの色
黒背景に青いロゴ
「Just Ask」バッジの色
黒背景に白いロゴ

バッジは各画像をクリックしてダウンロードしてください。

余白
Alexaバッジの周囲には、Alexaアイコンの高さの半分の余白をとります。ロゴの余白には、何も配置しないでください。可能であれば、レイアウト上最大限の余白を確保するようにしてください。
最小サイズ
Alexaバッジの幅は、190ピクセル(画面表示の場合)以上、1インチ(印字の場合)以上にしてください。これより小さいサイズでは、バッジを完全に表示できません。バッジの最小サイズより小さい領域に表示する場合は、Amazon Alexaアイコンを使用します。

Alexa音声の吹き出し

吹き出しは、Alexaの発話や、Alexaに適切な行動をとらせるための音声による指示や質問をグラフィックとして例示するものです。吹き出しを使用することで、Alexaにどう話しかければいいのかの具体例を、ユーザーにすばやく視覚的に伝えることができます。

Alexa発話吹き出し
Alexa発話吹き出し

発話吹き出しをデザインする場合は、Alexa音声の吹き出しテンプレートを使用します。

吹き出し口
吹き出しには、6箇所のいずれかの位置に吹き出し口を配置することができます。発話者がフレーム内に表示されていない場合でも、口は発話者の方向に向けます。
書体
音声の吹き出しの日本語書体はUD Shin Go NT – Light、英文書体は、Amazon Ember Lightを使用します。
横幅
吹き出しの横幅は、必ず縦幅よりも長くします。横幅を減らすときは、4分の1単位で短くします。
吹き出しの色は白とします。枠線はスクウィッドインク50%で、吹き出し内の文字サイズのおよそ20%の太さとします。書体の色はスクウィッドインクとします。

サードパーティに関する吹き出しついては、ブランド連携における発話吹き出しガイドラインをご確認ください。