スキルサービスでのAPL Viewport特性



スキルのLambda関数でのAPL Viewport特性

AlexaでスキルのLambda関数またはスキルサービスを呼び出し、Alexa搭載デバイスでAPLがサポートされている場合、スキルリクエストにはviewport特性が含まれます。スキルのLambda関数でこうした特性を利用できるため、デバイスの視覚特性に応じて、読み上げ機能(TTS)を使った応答を含むカスタム応答をスキルで生成することができます。関連トピック: Viewportプロパティ

次のスキルリクエストのサンプルに、スキルのLambda関数のViewportオブジェクトで利用可能なviewport特性を示します。

{
    "version": "1.0",
    "session": { 
        ...
    },
    "context": {
        "AudioPlayer": {
            "playerActivity": "IDLE"
        },
        "Display": {
            "token": "listToken"
        },
        "Viewport": {
           "experiences": [
               {
                   "canRotate": true,
                   "canResize": true
               },
               {
                   "canRotate": false,
                   "canResize": false
               }
           ],
           "shape": "RECTANGLE", // also supported: ROUND
           "pixelWidth": 1024, // maximum viewport value
           "pixelHeight": 600, // maximum viewport value
           "dpi": 160,
           "currentPixelWidth": 640, //現在使用中のviewportの幅
           "currentPixelHeight": 500, //現在使用中のviewportの高さ
           "touch": [ "SINGLE" ],
           "keyboard": [ "DIRECTION" ]
        },
        "System": {
            ...
        }
    },
    "request": {
        ...
    }
}