Alexa Gadgets Toolkitとは



Alexa Gadgets Toolkitとは

Alexa Gadgets Toolkitを使用すると、ユーザー独自のAlexa Gadgetを開発できます。Alexa Gadgetは、Alexaに接続されたアクセサリで、Bluetooth経由で互換性のあるAmazon Echoデバイスとやり取りします。Alexa Gadgets Toolkitを使用すると、次を実行できます。

  • Alexaスキルからガジェットにアクセスする – スキルはガジェットの動作をトリガーし、ガジェットから受け取る情報に対応できます。これをサポートするには、カスタムインターフェースを定義してから、カスタムインターフェースコントローラーを使用して、Alexaスキルからの情報にアクセスします。
  • Alexaのネイティブ機能に応えて、ガジェットの動作をトリガーする – スキルとは別に、ガジェットは接続されているEchoデバイスから次の情報を取得できます。
    • スピーチマークデータ – ガジェットとAlexaの読み上げ機能とのリアルタイムな同期を可能にします。この情報は、SpeechDataインターフェースから提供されます。
    • 通知 – Alexaドメインまたは有効なAlexaスキルから新しいコンテンツが提供されていることを、ガジェットからユーザーに知らせることができます。この情報には、Notificationsインターフェースからアクセスできます。
    • タイマー、アラーム、リマインダー – Echoデバイスのタイマー、アラーム、リマインダーが設定されたことや解除されたことをガジェットに知らせることができます。この情報は、Alertsインターフェース(ベータ)とStateListenerインターフェースを組み合わせて提供されます。
    • ウェイクワードの検出 – ユーザーがEchoデバイスのウェイクワードを口にしたことをガジェットに知らせます。ガジェットは、この情報をStateListenerインターフェースから取得します。
    • 現在の時刻 – Echoデバイスの現在の時刻をガジェットに提供します。この時刻情報(ベータ)は、StateListenerインターフェースから提供されます。
    • Amazon Musicの曲のテンポデータ – Echoデバイスが再生しているAmazon Musicのテンポデータをガジェットに送信します。この情報には、MusicDataインターフェース(ベータ)からアクセスします。

ガジェットは、上記のインターフェースのすべてをサポートしますが、Alexaスキルからアクセスできるのはカスタムインターフェースのみです。

このトピックでは、ガジェットとAlexaの対話方法の概要、ガジェットをサポートするEchoデバイスのリスト、開始する前に知っておくべきことを説明します。

ガジェットとAlexaの対話方法

ガジェットは、Alexaと直接通信するのではなく、互換性のあるEchoデバイスからBluetooth経由でAlexaと対話します。ガジェットは、Alexa Gadgetsインターフェースによって定義されたディレクティブやイベントを用いて、Echoデバイスと情報を交換します。Echoデバイスは、Alexaとのすべての通信を処理します。

次の図は、ガジェットがEchoデバイスを介してどう対話するか、またAlexa Gadgetsのインターフェースがどこに組み込まれているのかを示しています。

Alexa Gadgetsの概要

次の手順では、ガジェット、Echoデバイス、Alexaクラウド、およびスキル間の通信フローについて説明します。

  1. Bluetoothペアリング – ガジェットとEchoデバイスは、以下のようにBluetooth接続を行います。
    • ユーザーはガジェットをBluetoothペアリングモードにしてから、Echoデバイスでペアリングモードを有効化します。画面のないEchoデバイスでペアリングモードを有効化するには、Alexaアプリを使用します。画面付きEchoデバイスの場合、画面でオプションを選択してペアリングを開始します。
    • Echoデバイスが、ペアリングするガジェットを検索します。ペアリングが成功すると、ガジェットとEchoデバイスがBluetooth接続されます。
  2. 検出 – Echoデバイスはガジェットに詳細と機能を照会するためのディレクティブを送信します。ガジェットは、この情報を含むイベントを返します。
  3. 情報フロー – 以降、ガジェットとEchoデバイスは、インターフェースのタイプに応じて次のとおり通信します。

ガジェットをサポートするEchoデバイス

次の表は、ガジェットで使用できるEchoデバイスのリストです。

Echoデバイス

Echo(第1、第2世代)

Echo Plus(第1、第2世代)

Echo Dot(第1、第2、第3世代)

Echo Show(第1、第2世代)

Echo Show 5

Echo Spot

Echo Input

開始する前に

ガジェットを作成する前に、次の点に注意してください。

  • ロケール – 開発者は、次の地域でのみAlexa Gadgetsの配信、提供、またはマーケティングを行うことができます。
    • 米国
    • 英国
    • ドイツ
  • Bluetooth接続 – Echo DotおよびEcho SpotがサポートできるBluetooth接続数は3つまでです。ガジェットのペアリングがうまくいかない場合、Echoデバイスで対応できるBluetooth接続数が十分か確認してください。
  • ソフトウェアバージョン – お使いのEchoデバイスのソフトウェアバージョンが下記以降であることを確認してください。
    • Echo(第1世代)、Echo Dot(第1世代)– 635556820
    • Echo(第2世代)、Echo Plus(第1世代)、Echo Dot(第2世代)– 635559320
    • Echo Dot(第3世代)、Echo Plus(第2世代)– 2315741060
    • Echo Show(第1、第2世代)、Echo Spot – 641574920
    • Echo Show 5 – 2584218500
    • Echo Input – 2315741060
  • ペアリングおよび接続ステータス – ガジェットがEchoデバイスに正常に接続できているかどうかを確認するには、以下を実行します。
    • 画面の付いていないEchoデバイス – Alexaアプリで、AlexaデバイスEchoデバイスBluetoothデバイスに移動します。
    • 画面付きEchoデバイス – Echoデバイスの画面で、設定Bluetoothデバイスに移動します。