Works with Amazon Alexaの認定を受ける

Works with Amazon Alexaの認定を受ける

Works with Amazon Alexa (WWAA)は、ユーザーがスマートホーム機能を快適に使用できるよう、高いデバイスの応答性、信頼性、機能性を維持するための認定プログラムです。認定を受けた製品は、Amazonスマートホームストアと製品パッケージにWorks with Amazon Alexaバッジを掲示できます。ユーザーにとってはAlexaとシームレスに連携する信頼性の高い製品の証となり、開発者にとってはAmazonスマートホームストアやオフラインチャネルで製品へのトラフィックが増えるというメリットがあります。

Works with Alexa (WWA)は、ユーザーがスマートホーム機能を快適に使用できるよう、高いデバイスの応答性、信頼性、機能性を維持するための認定プログラムです。認定を受けた製品は、Amazonスマートホームストアと製品パッケージにWorks with Alexaバッジを掲示できます。ユーザーにとってはAlexaとシームレスに連携する信頼性の高い製品の証となり、開発者にとってはAmazonスマートホームストアやオフラインチャネルで製品へのトラフィックが増えるというメリットがあります。

ここでは、Works with Alexaとして認定を受け、バッジを申請するまでのステップを説明します。

Works with Alexaプログラムガイドラインを確認する

スマートホームデバイスのAmazon Alexa対応デバイス認定を申請するには、Works with Alexaプログラムガイドラインに準拠する必要があります。Works with Alexaバッジを使用するには、必ずこの認定を受けてください。

Alexaとの連携方法を決める

以下の3つのうちいずれかの方法でAlexaと連携していれば、そのデバイスはWorks with Alexa認定を受けることができます。

  • Echo Plusと連携してAlexaと対話する
  • Alexaと連携しているスマートホームスキル機能を持つハブを使用して、Alexaと対話する
  • スマートホームスキルを使用してAlexaと対話する

自社製品に対応するスマートホームスキルがない場合、または製品がEcho PlusやWWA要件を満たしたスマートホームスキルを持つハブと連携していない場合は、スマートホームスキルAPIを使ってスマートホームスキルを開発する必要があります。スキル開発の一環として、デバイス制御クラウドとやり取りしてデバイスの電源をオン/オフしたり、デバイスの設定を調整したりといった操作を実行するコードを記述する必要があります。詳しくは、スマートホームスキル用のWorks with Alexaの要件をご覧ください。

Works with Alexa認定は、スキルの開発段階にかかわらず申請できますが、スマートホームスキルがスキルストアに公開されるまでは、製品がWorks with Alexaとして認定されることはありません。スキルの開発が完了してから申請されることをおすすめします。

製品をテストに提出する

Alexaとの連携の開発とテストが完了したら、Works with Alexa認定を申請するステップに進みます。

申請は次の手順で行います。

  • 申請フォームを入手する: 準備が完了したら、WWA申請フォームをリクエストします。フォームを入手したら、申請者名、会社名、製品のASIN(Amazonグループが取り扱う、書籍以外の商品を識別する10桁の固有番号)、スマートホームスキルの詳細(該当する場合)などの情報を記入します。フォームを提出すると、申請を受領した順に申請要件を検証します。
  • 製品をテストに提出する: 申請要件を満たしていることが確認できたら、テスト部門の担当者から48時間以内に、製品をテスト部門に持ち込む手順についての連絡が入ります。
  • デバイスのテストを実施する: テスト部門と連携して、製品の認定プロセスを進めます。テスト部門からは、認定にかかる費用などの情報が伝えられます。何らかの理由で認定に合格できなかった場合は、問題を修正できるよう、不合格となったテストの情報が提供されます。製品の認定には、申請ごとにテスト部門の検証手数料が発生します。製品が無事認定されたら、認定確認IDが届きます。

Works with Alexaバッジを入手する

認定テストに合格した製品は、Alexaスマートホームストアに掲載されます。また、Works with Alexaバッジを製品の詳細ページやオフラインマーチャンダイジングで利用する方法が記載された、スマートホームデバイスのマーケティングガイドラインも提供されます。Works with Alexaバッジは、必ずこれらのガイドラインとWorks with Alexaの商標利用ガイドラインに従って使用してください。