?
サポート

リストスキルの作成手順

リストスキルの作成手順

リストスキルはリストイベントやスキルイベントにアクセスできるため、リストスキルを作成するとユーザーの操作性が向上します。

リストスキルを作成するには、ASK CLI (Alexa Skills Kit Command-Line Interface)を使用してスキルを作成または更新し、適切なapisオブジェクトと、適切なpermissionsおよびeventsオブジェクトが含まれるように、スキルマニフェストを編集します。

リストスキルを作成するには、

クイックスタートガイドを参照しながらASK CLIをインストールし、新しいスキルを作成します。

以下のように、スキルマニフェストファイルがあるskill.jsonファイルを編集します。

  • スキルマニフェストは、apisオブジェクトにあるhouseholdListを伴うスキルマニフェストか、apisオブジェクトに追加のhouseholdListフィールドを持つカスタムスキルマニフェストのいずれかです。マニフェストの例については、スキルマニフェストを参照してください。

  • お客様に適切な権限を付与できるようにスキルを設定します。スキルの定義を更新してイベントを含めるに記載されているように、skill.jsonファイルには、permissionsInfoオブジェクトが含まれている必要があります。

  • スキルマニフェストにもあるとおり、スキルマニフェストには、イベントへのサブスクリプションを含むeventsオブジェクトが必要になります。含めるイベントは、スキルが必要とするものだけにしてください。

  • スキルマニフェストにeventsオブジェクトがあり、apisオブジェクト内のcustomが含まれない場合、対話モデルを実装することができますが、必須ではありません。

  • スキルサービスにAWS Lambda関数を使用する場合は、AWS Lambda関数のエンドポイントにAlexa Skills Kitのトリガーが設定されていることを確認する必要があります。Alexa Skills Kitのトリガーの設定は、AWSコンソールで行うことができます。詳細については、こちらを参照してください。

スキルがイベントを使用しないカスタムスキルであれば、引き続きAmazon開発者ポータルで管理することができ、リストとの対話型のスキルであっても、リストスキルとしては扱われません。

ただし、スキルにカスタムコンポーネントが含まれていない場合やスキルにイベントが含まれている場合には、SMAPIを必要とするスキルの管理は、現在Amazon開発者ポータルではサポートされていないため、ASK CLIでスキルを管理する必要があります。したがって、スキルがイベントを使用するように設定した場合は、Amazon開発者ポータルではなくASK CLIのみで管理することになります。

スキルでリストイベントを使用する方法の詳細については、Alexaスキルのリストイベントを参照してください。

既存のスキルを更新してスキルにリストイベントを含めるには、SMAPIでスキルにイベントを追加するを参照してください。