Amazon インセンティブ API:よくある質問


Amazon インセンティブ API:よくある質問

連携技術仕様:よくある質問

インセンティブ API を使用すると、パートナーはインターネット経由で Amazon ギフト券コードをすばやく作成して配布することができます。

非開発者向け:よくある質問

次の項目も参照してください。 インセンティブ API に関するより上位レベルの FAQ 回答については、サインアップページの「インセンティブ API:よくある質問」を参照してください。

Q.パートナー ID とは何ですか?

A: パートナーIDは、インセンティブAPIで使用する一意の識別子です。オンボーディングの一環として、パートナーIDが届きます。


Q.セルフサービスキー管理とは何ですか?

A: セルフサービスキー管理は、インセンティブAPIポータル内でアクセスキーとシークレットキーの両方を生成および管理できるセルフサービスツールです。キーを管理するには、国内のマーケットプレイスのインセンティブ API ポータルを開きます。ポータルで「API セキュリティ認証情報」をクリックします。注: 管理者アクセス権を持つアカウントでのみ、APIセキュリティ認証情報ページを表示できます。アカウント管理者のアクセス権の付与を依頼する場合は、incentives-api@amazon.com にメールでお問い合わせください


Q: ギフト券コードの保存に関するガイドラインを教えてください。 どのような情報を保存できますか?

A: パートナーは、Amazon ギフト券コードを保存することはできません。Amazon ギフト券コードの取り扱いを参照してください。


Q: タイムアウトの推奨設定時間を教えてください。

A: クライアント側のアプリケーションの推奨タイムアウトは6秒です。


Q: コードを作成した後、作成後にキャンセルできる時間制限はありますか?

A: いったん発行されたコードをキャンセルすることはお勧めしません。ただし、コードをキャンセルする必要があると思われる場合は、生成されてから15分以内にキャンセル操作を実行してください。

開発者向け:よくある質問

Q.1 サンプルコードを実行するときに次のエラーが表示されます。「javax.net.ssl.SSLHandshakeException: sun.security.validator.ValidatorException: PKIX path building failed: sun.security.provider.certpath.SunCertPathBuilderException: unable to find valid certification path to requested target」

A.1 「VeriSign Class 3 Public Primary Certificate Authority – G5」および「Verisign Class 3 Secure Server CA – G3」の CA 証明書 (以下のスクリーンショットを参照) が Java キーストア内にないことが原因である可能性があります。これは、エンドポイントで使用された SSL 証明書のルート/中間 CA 署名者です。

結果:

Eclipse (または他の IDE) がインストールされているマシンに JRE/JDK をインストールすると、証明書が自動的に入力されます。組み込みの Java キーツール (JDK でのみ使用可能) を使用して、証明書を Java キーストアにインポートするか、ルート/中間 CA 署名者証明書がインストールされている別のマシンからサンプルコードを実行できます。CA 証明書のインポートは、AGCOD サポートの範囲外です。詳細については、以下のリンクを参照してください。また、次の方法に関するヘルプがさらに必要な場合は、Java/Eclipse のドキュメントをご参照ください。

方法 1:この方法は難しいかもしれませんが、問題を解決することが証明されています。

方法 2:こちらのほうが簡単です。

または、Eclipse プラグイン呼び出しキーツールを使用して、証明書を Java キーストアにインポートすることもできます。

プラグインをインストールしたら、キーストアの場所を設定します (キーストアの場所は、OS またはキーストアの場所によって異なります)。デフォルトのキーストアのパスワードは Changeit です。


Q.2 次のエラーが表示されます:<Message>The security token included in the request is invalid.</Message>

A.2 無効なセキュリティアクセスキーが原因である可能性があります。アクセスキーが正しいこと、正しい環境 (サンドボックスと本番環境用であることを確認し、使用されているエンドポイントのロケールを確認します。


Q.3 次のエラーが表示されます: The String-to-Sign should have been 'AWS4-HMAC-SHA256/…./us-east-1/AGCODService/aws4_request…..'

A.3 無効なアクセスキーが原因である可能性があります。アクセスキーが正しいこと、正しい環境 (サンドボックスと本番環境用であることを確認し、使用されているエンドポイントのロケールを確認します。また、http://docs.aws.amazon.com/general/latest/gr/sigv4-calculate-signature.html ごとに派生した署名キー (kSecret) を構築する場合は、必ずキー修飾子「AWS4」をシークレットキーの前に付けてください。


Q.4 次のエラーが表示されます。<Message>Missing Authentication Token</Message>

A.4 これは、間違ったエンドポイント (例:https://agocd-v2-gamma.amazon.com またはロケールに適したエンドポイントではなく https://agcod-v2.amazon.com) を指定したことが原因である可能性があります。使用されているエンドポイントが正確であり、正しい環境 (サンドボックスと本番環境) とロケール用であることを確認します。


Q.5 次のエラーが表示されます: HTTP Status 400 - There was an error while processing the request.The request does not match any of the supported protocols.

A.5 これは、多くの場合、間違ったエンドポイントにリクエストすることによって発生します。正しいエンドポイントを使用していることを確認してください。


Q.6 インセンティブ API は HTTP GET 操作をサポートしていますか?

A.6 いいえ、POST のみをサポートしています


Q.7 正しいパートナー名を確認しましたが、「リクエスト ID はパートナー名で始める必要があります」というエラーが表示されます。

A.7 パートナー ID では、大文字と小文字は区別されます。また、エンドポイント/ロケールが正しいことを確認してください (サンドボックスと本番環境および NA とEU)。


Q.8 インセンティブ API は SOAP やクエリをサポートしていますか?

A.8 いいえ、RESTful リクエストのみをサポートしています。


Q.9 リクエストを対応するための十分な資金がアカウントにない場合はどうなりますか?

A.9 十分な資金がない場合、インセンティブ API オペレーションは F300 エラーを返信し、ギフト券は有効化されません。ギフト券の数量を正確に予測し、予期せぬ需要が発生する不測の事態に備えることが重要です。アカウントマネージャーと協力して、最適なアプローチを決定します。


Q.10 ギフト券コードを作成しようとすると、「F300 Issuance Cap Exceeded」というエラーが表示されます。

A.10 パートナー側で他に何も変更されていない場合は、FPS以外の前払いパートナーに対する発行上限を超えたことが原因である可能性があります。本番環境でこのエラーが表示される場合は、アカウントの資金の金額を超えている可能性があります。詳細については、アカウントマネージャーにお問い合わせください。サンドボックスでこのエラーが表示される場合は、Amazon にお問い合わせください。


Q.11 ギフト券コードを作成しようとすると、「Max Amount Exceeded」というエラーが表示されます

A.11 有効化するギフト券の金額が、法律で定められた限度額の 2,000 ドル (米国内の場合) を超えないようにしてください (他の国では限度額が異なる場合があります)。9 か国の取引限度額リストをご参照ください。


Q.12 次のエラーが表示されます: 「F200 Pre denomination Mismatch」

A.12 これは、多くの場合、異なる金額の値を指定した CreateGiftCard へのリクエストで以前使用されていた creationRequestId 値を使用して、CreateGiftCard への 2 回目の呼び出しを行うことによって発生します。リクエストで同じ creationRequestId と同じ金額の値が使用されている場合、呼び出しは成功を報告し、元のリクエストによって以前に返された結果を返します。これは、このエンドポイントが冪等であるために発生します。エンドポイントへの複数の同一の呼び出しは、1 回の呼び出しと見なされます。


Q.13 F500/F200 エラーが大量に発生していますが、何が間違っているのか分かりません。何が起きているのでしょうか?

A.13 F500 エラーは通常、Amazon 側のタイムアウトによって発生します。この問題が定期的に発生する場合は、Amazon にお問い合わせください。F200 エラーは、通常、無効な情報を含む送信することで発生します。送信する情報が確認済みにもかかわらずエラーが発生する場合は、Amazon にお問い合わせください。