APIリファレンス


APIリファレンス

ドキュメントの構成

Discoveryディレクティブ
Amazonは、ビデオスキルでサポートされる機能を特定するために、Discovery APIを通じてDiscoverディレクティブを送信します。Discoveryディレクティブへのレスポンスによって、AlexaからLambda関数に送信されるディレクティブの種類が決まります。詳細 »
APIリファレンスの概要
ビデオスキルのディレクティブは、AlexaからLambda関数に送信されます。ディレクティブは、特定のアクション(ビデオのメタデータの取得など)の実行に関する命令を含むJSONメッセージです。詳細 »
GetPlayableItemsディレクティブ
VideoName、ActorName、GenreNameなどの条件を使用して映画やテレビ番組、録画などを再生するようユーザーがAlexaに依頼すると、VideoContentProvider APIからGetPlayableItemsディレクティブがLambdaに送信されます。詳細 »
チャンネルナビゲーション用のGetPlayableItemsディレクティブ
チャンネルを変更するための発話をユーザーが行うと(「PBSを見せて」など)、表示するチャンネルについての情報と共に、GetPlayableItemsディレクティブがVideoContentProvider APIからLambdaに送信されます。詳細 ≫
GetPlayableItemsMetadataディレクティブ
GetPlayableItemsに対するLambdaのレスポンスをAlexaが受信すると、VideoContentProvider APIがGetPlayableItemsMetadataディレクティブをすぐに送信します。詳細 »
GetDisplayableItemsディレクティブ
コンテンツを検索したり、コンテンツプロバイダーのランディングページにアクセスしたりするための発話をユーザーが行うと、VideoContentProvider APIからLambdaにGetDisplayableItemsディレクティブが送信されます。詳細 ≫
GetDisplayableItemsMetadataディレクティブ
GetDisplayableItemsに対するLambdaのレスポンスをAlexaが受信すると、VideoContentProvider APIがLambdaにGetDisplayableItemsMetadataディレクティブをすぐに返します。詳細 ≫
GetNextPageディレクティブ
ユーザーが検索結果の「次のページ」に移動するよう選択するか、画面の表示可能な領域を越えて検索結果をスクロールすると、次の結果を取得するためのGetNextPageディレクティブがVideoContentProvider APIからLambdaに送信されます。詳細 ≫
GetBrowseNodeItemsディレクティブ
選択操作があった場合に、再生を開始するのではなく検索結果の別のレイヤーを表示するよう設定されている検索結果画面では、ユーザーが検索結果を選択すると、GetBrowseNodeItemsディレクティブがVideoContentProvider APIからLambdaに送信されます。詳細 ≫
エラー処理
エラーが発生した場合、Alexaが具体的なアクションを行えるように、レスポンスでエラーコードを返す必要があります。たとえば、コンテンツの視聴権限がない場合は、NOT_SUBSCRIBEDの値をエラーコードに含めます。詳細 ≫
バッジ
検索結果のタイル上やビデオの再生時にユーザーに有益な情報を提供するには、多くの場合、バッジ(コンテキスト画像)の使用が効果的です。このセクションでは、使用可能なバッジの種類とその用途について説明します。詳細 ≫