開発者コンソール

統合


統合

ドキュメントの構成

マルチモーダルデバイスにおけるVSK(Video Skills Kit)の実装プロセスについて
このステップバイステップ方式のガイドに従うと、既存のビデオスキルでマルチモーダルデバイスにコンテンツをストリーミングできるようになります。詳細 »
手順1: ビデオスキルとLambda関数を作成する
この手順では、Alexa開発者コンソールを使用してビデオスキルをセットアップし、ビデオスキルからの通信を処理する基本的なLambda関数をAWS上で作成します。詳細 »
手順2: マルチモーダルデバイスでビデオスキルを有効化してテストする
ビデオスキルを作成したら、マルチモーダルデバイスに接続します。詳細 »
手順3: AlexaディレクティブとLambdaのレスポンスを理解する
AlexaディレクティブとLambdaコードに踏み込んで、何が行われているかを詳しく説明します。詳細 »
手順4: ウェブプレーヤーでメディア再生URLを取得する方法を理解する
GetPlayableItemsMetadataResponseからplaybackContextTokenがウェブプレーヤーに渡されます。ウェブプレーヤーのロジックで、このplaybackContextTokenをメディア再生URLに変換して、ウェブプレーヤーで読み込めるようにすることができます。詳細 »
手順5: ウェブプレーヤーを作成する
この手順では、独自のウェブプレーヤーを作成します。このウェブプレーヤーでは、Alexa JavaScriptライブラリを参照および初期化し、その他の機能を提供します。詳細 »
手順6: Lambdaに送信されたAlexaディレクティブに応答する
この手順では、6つのディレクティブそれぞれに対して適切なレスポンスを返すように、Lambda関数のコードを作成する必要があります。詳細 »
手順7: アカウントリンクを実装する
アカウントリンクを使用すると、ユーザーが持つAlexaのIDをサービスのアカウントに接続できます。詳細 »
手順8: 認定に向けたテストを行う
以下のガイドラインでは、スキル認定のためのユーザーエクスペリエンス要件を詳しく説明します。これらのガイドラインを注意深く確認して、マルチモーダルデバイスのビデオスキルが認定要件を満たすようにしてください。詳細 »