ディレクティブリファレンス


ディレクティブリファレンス

ドキュメントの構成

ディレクティブリファレンスの概要
Alexaは、ユーザーの発話(TV番組の検索や映画の再生など)をディレクティブに変換します。ディレクティブは、JSON形式で記載されたデータと命令のセットのことで、AlexaからLambdaに送信されます。詳細 »
SearchAndPlayディレクティブ
SearchAndPlayディレクティブは、ユーザーがAlexaに「『ボッシュ』を再生して」や「ウォリアーズの試合を見せて」などと依頼した場合に使用されます。詳細 »
SearchAndDisplayResultsディレクティブ
SearchAndDisplayResultsディレクティブは、ユーザーが「Xを検索して」などのメディアを検索する音声コマンドを発した場合にAlexaから送信されます。アプリではこのディレクティブに対し、メディアを直接再生するのではなく、ユーザーに検索結果ページを表示するようロジックを構築する必要があります。詳細 »
ChangeChannelディレクティブ
ChangeChannelディレクティブは、チャンネルを変更するために使用されます。ユーザーはチャンネル名、コールサイン、チャンネル番号を指定できます。詳細 »
トランスポートコントロールディレクティブ
トランスポートコントロールディレクティブには、一時停止、再生、再開、早送り、巻き戻しなど、メディアの制御に関する指示が含まれています。詳細 »
予約されたコンテンツの録画ディレクティブ
予約されたコンテンツの録画や録画の管理を行うには、予約されたコンテンツの録画ディレクティブ(SearchAndRecord、CancelRecording、DeleteRecording)を使用します。これはアプリで録画の予約が可能な場合にのみ実装します。詳細 »
録画ディレクティブ — 開始および停止
コンテンツの録画や、現在の録画操作の終了には、録画の開始および停止ディレクティブ(StartRecording、StopRecording)を使用します。これはアプリがすぐに録画を開始できる場合にのみ実装します。詳細 »
ビデオコンテンツのエンティティタイプ
entitiesオブジェクトは、オブジェクトのリストで構成されています。それぞれのオブジェクトには、タイプや値のほか、外部IDなどのその他のデータが含まれます。各セクションでは、有効な値について説明します。詳細 »
エラー処理
Alexaからスキルに送信されたリクエストを正常に処理できない場合は、Alexa.ErrorResponseイベントで応答し、エラーの種類と原因を指定します。応答は、同期または非同期のどちらでも実行できます。詳細 »