統合


統合

ドキュメントの構成

ビデオスキル搭載のFire TV対応サンプルアプリをセットアップする方法
ビデオスキルを組み込んだFire TV対応サンプルアプリを利用すれば、同スキルを試すことができます。このサンプルアプリを使用すると、アプリにプッシュされたディレクティブが確認可能になります。詳細 »
Fire TV対応アプリ用ビデオスキルの作成について
この統合チュートリアルでは、Amazon Device Messaging(ADM)経由でAlexaビデオスキルをFire TV対応ビデオストリーミングアプリに組み込む方法を説明します。詳細 »
手順1: ビデオスキルとLambda関数を作成する
この手順では、Alexa開発者コンソールを使用してビデオスキルをセットアップし、ビデオスキルからの通信を処理する基本的なLambda関数をAWS上で作成します。詳細 »
手順2: Echoデバイスでビデオスキルを有効化してテストする
ビデオスキルとLambda関数のセットアップが完了したので、今度はアプリをテストして、Alexaからスキル経由で送られてくるディレクティブを確認します。詳細 »
手順3: Alexa Client Libraryを統合する
この手順では、作成したビデオスキルを使用してFire TV対応アプリとやり取りを行えるようにします。Alexaをアプリに統合するには、Alexa Client Libraryを組み込む必要があります。詳細 »
手順4: Amazon Device Messaging(ADM)を統合する
ADMをアプリに組み込む必要があります。ADMは、Lambdaが受け取るディレクティブに基づいてアプリにメッセージを送信します。詳細 »
手順5: アプリに署名してセキュリティプロファイルを構成する
本稼働アプリの場合、Amazon側でAmazonアカウントにひも付いたAPK署名を処理します。ただし、ビデオスキルを組み込んだアプリをテストするには、APKに署名し、その署名をAmazonセキュリティプロファイルに関連付ける必要があります。詳細 »
手順6: Lambdaパッケージを作成・デプロイする
Fire TVでアプリを実行できるようになったので、AlexaビデオスキルAPIから受け取ったディレクティブをアプリに渡す機能を追加するため、Lambda関数を更新する必要があります。詳細 »
手順7: Alexaディレクティブを解釈して応答する
ビデオスキルディレクティブのタイプ、想定されるディレクティブへの応答、仕上げ済みのLambdaのアップロード、Lambda関数のコーディングに関するベストプラクティス、次のステップについて説明します。詳細 »
手順8: スキルの自動ペアリングを設定して仕上げる
ここまでAlexaアプリを介して手動で有効にしたアプリを使用してきましたが、Alexa Client Libraryが組み込まれたことによって、作成したスキルを手動ではなく自動でペアリングできるようになりました。詳細 »
手順9: 認定に向けたテストを行う
このガイドラインでは、スキル認定のためのユーザーエクスペリエンス要件を詳しく説明します。これらのガイドラインを注意深く確認して、Fire TVのビデオスキルが認定要件を満たすようにしてください。詳細 »