開発者コンソール

Fire TV対応アプリ用VSK(Video Skills Kit)の実装プロセスについて


Fire TV対応アプリ用VSK(Video Skills Kit)の実装プロセスについて

この統合チュートリアルでは、Amazon Device Messaging(ADM)経由でAlexaビデオスキルをFire TV対応ビデオストリーミングアプリに組み込む方法を説明します。この統合が完了すると、EchoやFire TVのAlexa対応音声認識リモコンを使用して統合済みアプリを直接制御できるようになります。統合に関する大まかな概要については、Fire TV対応アプリ用VSK(Video Skills Kit)についてを参照してください。

ビデオスキルとLambdaについて

Fire TV対応アプリでは、Alexaがユーザーの発話をリッスンし、それをディレクティブに変換します。ディレクティブは、JSON形式で記載されたデータと命令のセットのことで、Alexaからクラウド上のLambda関数に送信されます。

たとえば、ユーザーが「『ボッシュ』を再生して」と話しかけると、Alexaがこれを特定のJSON構造から成る検索ディレクティブに変換します(ほかにも、再生ディレクティブやチャンネル変更ディレクティブなどがあります)。Alexaは、ユーザーの発話をプログラムで処理可能なディレクティブにマッピングする役割を担っています。

さらに、ディレクティブはビデオスキルAPIを介してAWS上のLambdaコードに渡されます。Lambdaは、コードをホストするサーバーを必要とせずに、クラウド上でコードを実行できるAWSのサービスです。LambdaコードがビデオスキルAPIから届いたディレクティブを処理し、Amazon Device Messaging(ADM)経由でLambdaからアプリにアクションが送られます。

統合の流れ

統合プロセスの最初の部分では、VSKの実装をテストする簡単な方法として、ビデオスキル、Fire TV対応サンプルアプリ、基本的なLambda関数を設定します。これにより、実際にビデオスキルとAlexaがユーザーリクエストにどのように応答するかを確認できます。ここでは、Fire TV対応アプリとやり取りしてビデオを見つけ、再生する機能を想定しています。これらのプロセスを通して、Alexa搭載デバイスやアプリで以下のやり取りを行えるようになります。アプリの起動後に、以下のようなやり取りがサポートされます。ビデオスキルの名前は「Streamz」とします。

ユーザー: アレクサ、『ビッグバックバニー』を見せて

Alexa: Streamzから『ビッグバックバニー』を取得しています

ユーザー: アレクサ、『ビッグバックバニー』を探して

Alexa: Streamzから『ビッグバックバニー』を取得しています

ユーザー: アレクサ、再生して

ユーザー: アレクサ、一時停止して

対話終了

サンプルアプリは、カタログにいくつかのビデオタイトルがあるだけで、チャンネル変更やより高度なディレクティブはサポートしていません。統合プロセスの後半の手順では、アプリがサポートするディレクティブを処理するようにLambda関数をカスタマイズします。

統合の手順

Fire TV対応アプリにビデオスキルAPIを統合する手順は、以下のように分けられます。

Fire TV対応サンプルアプリを使用して、統合を実際に確認できます。このアプリには、Alexa Client LibraryやADMを制御する機能が組み込まれているほか、メッセージを解析して一致するカタログタイトルを再生するためのロジックも含まれています。実装手順の中で、このサンプルアプリを使用する必要はありません。独自のアプリを使用して同じ手順を実行できます。手順では、それぞれの方法(サンプルアプリを使用する場合と実際のアプリを使用する場合)に対応したオプションを示します。

次のステップ

統合プロセスの最初の手順として、手順1: ビデオスキルを作成してデバイスをセットアップするに進みます。