ウェブサイト用のLogin with Amazon


ウェブサイト用のLogin with Amazon

ドキュメントの構成

ウェブサイト用のLogin with Amazon
ウェブサイトまたはウェブサービスにLogin with Amazonを追加する方法については、以下のトピックを参照してください。続きを読む»
Login with Amazonに登録する
ウェブサイトでLogin with Amazonを使用するには、事前に、開発者コンソールでセキュリティプロファイルを登録する必要があります。登録時に、アプリの名前...続きを読む»
ウェブサイトに [Login with Amazon] ボタンを追加する
次は、ウェブサイトに [Login with Amazon] ボタンを追加します。ボタンの種類は豊富に用意されているので、ウェブサイトに最適な画像を選択できます。ベストプラクティスおよび選択できる画像の一覧については...続きを読む»
JavaScript用のLogin with Amazon SDKを追加する
Login with Amazonでは、アクセストークンとユーザープロファイルの取得に使用できるJavaScript SDKを用意しています。JavaScript用のLogin with Amazon SDKを使用すると、ウェブサイトにLogin with Amazonを統合する際に発生する...続きを読む»
認可グラントを選択する
ウェブサイトでは、アクセストークンの取得にインプリシットグラントと認可コードグラントという2つのメカニズムを使用できます。どちらの認可グラントも、ログイン時にユーザーエージェント(ユーザーのブラウザ...続きを読む»
ユーザーを動的にリダイレクトする
Login with Amazonを使ってログインしたユーザーは、開発者がアプリの登録時に [許可された戻り先URL] で指定した静的ページにリダイレクトされます。認証後にそのページ以外のURLにユーザーを動的にリダイレクト...続きを読む»
ユーザープロファイル情報を取得する
Amazonユーザープロファイルへのアクセスをユーザーがウェブサイトに許可すると、アクセストークンが返されます。サーバー側のスクリプトで認可コードグラントを使用してアクセストークンをリクエストしている場合...続きを読む»
ユーザーをログアウトする
ウェブサイトには、ログインしたユーザーがログアウトできる機能も必要です。ウェブサイトの「Logout」プロンプトを表示する場所に次のリンクを追加します。<a id="Logout">Logout&...続きを読む»
既存のアカウントシステムと統合する
このセクションでは、Login with Amazonユーザーアカウントのユーザープロファイルデータと、アカウント管理システムを既に備えているウェブサイトを統合する方法について説明します。ここでは...続きを読む»