開発に関するベストプラクティス


開発に関するベストプラクティス

ドキュメントの構成

マウスポインター
アプリがポインターベースの入力をサポートしている場合、Amazon Fire TVでは、USBまたはBluetoothで接続されたマウスを使用してアプリを操作できます。デフォルトでは、マウスポインターは画面上に... 詳細を見る »
ディスプレイとレイアウト
実装したAndroidアプリをテレビできれいに表示させたり、タブレットやテレビで適切に動作させるには、ユーザーインターフェイス(UI)のレイアウトに注意を払う必要があります。 詳細を見る »
メディアプレーヤー
Androidのメディア再生APIと暗号化API(MediaCodec、MediaCrypto、AudioTrackクラスなど)を使用しているメディアプレーヤーは、いずれもAmazon Fire TVプラットフォームで動作します。このドキュメントでは... 詳細を見る »
Fire TVデバイスを識別
ほとんどのAmazon Fire TV対応アプリ開発者は、Google PlayとAmazonアプリストアの両方のマーケットおよびデバイスに同じAndroidベースのコードを使用して、両者に対応するアプリを開発しています。ただし、AmazonデバイスではGoogleの代わりに... 詳細を見る »
HDMIイベントを処理
ユーザーがHDMIケーブルを接続したり抜いたりした際、ガイドラインに従ったHDMIイベントの処理がアプリには求められます。HDMIの接続や接続解除が必要なイベントもあります。 詳細を見る »
AndroidのメニューとActionBarウィジェット
このページでは、AndroidのメニューとActionBarウィジェットをFire TV対応アプリで動作するように変更する方法について説明します。Amazon Fire TVプラットフォームでは、既存のAndroid UIフレームワーク(androi... 詳細を見る »
DIALの統合
Amazon Fire TVデバイスは、Whisperplayサービスを介してDIAL(Discovery-and-Launch)プロトコルをサポートします。DIALは別のデバイスからセカンドスクリーンアプリを使用してFire TVアプリを検出し... 詳細を見る »
検索機能を実装
Amazon Fire TVに検索機能を実装するには、テキスト検索と音声検索の主な違いを理解する必要があります。アプリにおけるテキスト検索とは、アプリ内に明示的にコーディングしたテキスト検索機能... 詳細を見る »
通知
Fire TVデバイスでは、Android通知APIによって標準的なAndroidの通知がサポートされ、通知センターに通知されます。 詳細を見る »
アプリのインストール場所を指定
Fireデバイスでアプリがインストールされる場所は、Androidマニフェストファイルの設定で決まります。保存できる場所は、外部ストレージ(SDカードなど)と内部ストレージ... 詳細を見る »
各種ロケール用のリソース
Amazon Fireデバイスには、地域と言語に関するデフォルトのロケールが用意されており、プログラムで問い合わせることができます。特定のデバイス向けに設計されたリソースだけでなく、ロケールに対応したリソースを提供することで、アプリの普及を促し... 詳細を見る »
Fire TVのUIから注目コンテンツへのディープリンク
ディープリンクとは、アプリのホームページではなく、アプリ内の特定のコンテンツへユーザーを直接誘導するリンクです。マーチャンダイジングのコンテキストでは、ディープリンクをたどると、宣伝対象のコンテンツに... 詳細を見る »
広告ID
広告IDは、ユーザーによるリセットが可能な一意の識別子で、広告配信とユーザー分析に使用します。ユーザーは興味・関心に基づく広告を配信するためのトラッキングをオプトアウトしたりすることが... 詳細を見る »