スキル開発の要件



スキル開発の要件

作成するスキルの種類が決定したら、開発の手順を決めることができます。

開発者コンソールアカウントの作成

どの種類のスキルを作成する場合でも、開発者コンソールのアカウントが必要です。

開発者コンソールを使用して、スキルのコンフィギュレーションを作成します。このコンフィギュレーションでは、スキルの名前、使用する対話モデルの種類、エンドポイントやコンテンツフィードなど、スキルに関する情報を収集します。Alexaサービスでは、このコンフィギュレーションを使用して、スキルのサービスに送信するユーザーのリクエストを決定します。

カスタムスキルの開発の要件

カスタムスキルを作成するには、次のものが必要です。

  • ご使用のクラウドベースのサービスをホストする、インターネットアクセス可能なエンドポイント。

    最も手軽に利用できるオプションは、AWS Lambdaアマゾンウェブサービスのサービスの1つ)です。この場合、Amazon開発者アカウントのほかに、アマゾンウェブサービスのアカウントが必要になります。

    別の方法として、HTTPSウェブサービスを作成してホストすることもできます。この場合、クラウドホスティングプロバイダーとSSL証明書が必要になります。

  • 使用する予定のプログラミング言語に適した開発環境。Lambda関数のオーサリングには、Node.js、Java、Python、C#、Goを使用できます。ウェブサービスのオーサリングには、ウェブサービスに適した任意の言語を使用できます。

  • 作成するスキルで使用する任意の画像、オーディオファイル、ビデオファイルをホストする、パブリックにアクセス可能なウェブサイト。スキルアイコン以外のファイルがない場合、リソースをホストする必要はありません。ソリューションとして、Amazon Simple Storage Service(S3)インスタンス(アマゾンウェブサービスのサービスの1つ)を使用することもできます。

  • テスト用のAlexa搭載デバイス(任意)。スキルが機能するのは、Amazon Echoや、Amazon Echo Dot、Amazon Tap、Fire TVなど、すべてのAlexa搭載デバイスと、Alexa Voice Serviceを使用するすべてのデバイスです。

    デバイスがない場合は、テストページのシミュレーターを使用してテストできます。Echo ShowとEcho SpotのDisplayテンプレートがどのようなものかも確認できますが、このディスプレイは対話型ではありません。また、スキルに表示やタッチによる対話が含まれる場合、画面付きのAlexa搭載デバイスでテストする必要があります。

カスタムスキルとはを参照してください。

スマートホームスキルの開発の要件

スマートホームスキルを作成するには、次のものが必要です。

  • 制御する予定のクラウド対応デバイス(照明、スイッチ、サーモスタットなど)。開発者がアクセスできるクラウドベースのサービスを通して制御可能なデバイスである必要があります。
  • アマゾンウェブサービスのアカウント。Lambda関数でスキルコードをホストするのに必要になります。スマートホームAPIで作成するスキルは、AWS Lambdaでホストする必要があります。
  • 使用する予定のプログラミング言語に適した開発環境。Lambda関数のオーサリングには、Node.js、Java、Python、C#、Goを使用できます。
  • テスト用のAlexa搭載デバイス。スキルが機能するのは、Amazon Echoや、Amazon Echo Dot、Echo Show、Fire TV Cube、Fire TVなど、すべてのAlexa搭載デバイスと、Alexa Voice Serviceを使用するすべてのデバイスです。

    デバイスがない場合は、テストページのシミュレーターを使用してテストできます。

スマートホームスキルAPIについてを参照してください。

ビデオスキルの開発の要件

ビデオスキルを作成するには、次のものが必要です。

  • クラウド対応ビデオサービスプロバイダー。開発者はクラウド対応サービスにアクセスできる必要があります。または、クラウド対応サービスがパブリックAPIを所有している必要があります。
  • アマゾンウェブサービスのアカウント。Lambda関数でスキルコードをホストするのに必要になります。ビデオスキルAPIで作成するスキルは、AWS Lambdaでホストする必要があります。
  • 使用する予定のプログラミング言語に適した開発環境。Lambda関数のオーサリングには、Node.js、Java、Python、C#、Goを使用できます。
  • テスト用のAlexa搭載デバイス。

ビデオスキルAPIについてを参照してください。

フラッシュブリーフィングスキルの開発の要件

フラッシュブリーフィングスキルを作成するには、次のものが必要です。

  • インターネットでアクセスできるコンテンツフィード(RSSまたはJSONを使用)で、コンテンツが継続的に更新されているもの。

フラッシュブリーフィングスキルAPIについてを参照してください。

音楽スキルの開発の要件

音楽スキルを作成するには、次のものが必要です。

  • Amazon開発者アカウント。サインアップは無料です。
  • Amazon EchoなどのAlexa搭載デバイス。Amazon開発者アカウントに登録されている必要があります。
  • クラウドAPIで制御できる音楽ストリーミングサービス。
  • 音楽カタログのメタデータを定期的に(毎週など)Amazonに提供する機能。音声モデリングやエンティティ解決のために必要です。
  • 音楽スキルや音楽サービスでユーザーに提供するコンテンツのストリーミング権限。
  • AWSアカウント。スキルコードはAWS Lambda関数としてホスティングします。
  • AWS Lambdaでサポートされているいずれかのプログラミング言語の知識。 Node.js、Java、Python、C#、Goのいずれかです。
  • OAuth 2.0に関する基本的な知識(スキルでアカウントリンクを使用する場合)。

次のステップ

概要:

前のステップ: