あなたのAlexaダッシュボード 設定

スキル構築の要件

作成するスキルの種類が決定したら、開発の手順を決めることができます。

開発者ポータルアカウントの作成

どのような種類のスキルを作成する場合にも、開発者ポータルのアカウントが必要です。

開発者ポータルを使用して、スキルのための構成を作成します。この構成は、スキルの名前、使用するAPI、エンドポイントまたはコンテンツフィードなど、スキルに関する情報を収集します。Alexaサービスでは、この構成を使用して、スキルのためのサービスに送信するユーザーのリクエストを決定します。

カスタムスキルの開発の要件

カスタムスキルを作成するには、次のものが必要です。

  • ご使用のクラウドベースのサービスをホストする、インターネットアクセス可能なエンドポイント。

    最も手軽に利用できるオプションは、AWS LambdaAmazon Web Servicesのプランの1つ)です。この場合、開発者ポータルアカウントの他に、Amazon Web Servicesのアカウントが必要になります。

    別の方法として、HTTPSウェブサービスを作成してホストすることもできます。この場合、クラウドホスティングプロバイダーとSSL証明書が必要になります。

  • 使用する予定のプログラミング言語に適した開発環境。Lambda関数のオーサリングには、Node.js、Java、Python、またはC#を使用できます。ウェブサービスのオーサリングには、ウェブサービスに適した任意の言語を使用できます。

  • 作成するスキルで利用する任意の画像、オーディオファイル、ビデオファイルをホストする、パブリックにアクセス可能なウェブサイト。スキルアイコン以外のファイルがない場合、何かのリソースをホストする必要はありません。使用可能なソリューションの1つは、Amazon Simple Storage Service(S3)インスタンス(Amazon Web Servicesのプランの1つ)を使用することです。

  • オプションとして、Alexaを搭載したテスト用の端末。スキルから操作できるのは、Amazon Echo、Amazon Echo Dot、Amazon Echo Plus など、Alexaを搭載したすべての端末と、Alexa Voice Serviceを利用するすべての端末です。

    端末がない場合は、基本的なサービスシミュレーターをテストに利用できます。ただし、端末の所在地APIなどの特定の機能は、サービスシミュレーターでは使用できません。このシミュレーターは、スキルを構成した開発者ポータルで利用可能です。シミュレーターを使用してリクエストを入力すると、その応答が表示され、Alexaの声で応答を聞くことができます。

    音声を完全にテストするには、端末が必要なことにご注意ください。

カスタムスキルとはを参照してください。

スマートホームスキルの開発の要件

スマートホームスキルを作成するには、次のものが必要です。

  • 制御する予定のクラウド対応デバイス(照明、スイッチ、サーモスタットなど)。開発者がアクセスできるクラウドベースのサービスを通して制御可能なデバイスである必要があります。
  • Amazon Web Servicesアカウント。これは、スキルアダプターをLambda関数として作成するために必要になります。スマートホームAPIで作成するスキルは、AWS Lambdaでホストする必要があります。
  • 使用する予定のプログラミング言語に適した開発環境。Lambda関数のオーサリングには、Node.js、Java、Python、またはC#を使用できます。
  • テスト用のAlexaが使えるデバイス。スキルから操作できるのは、Amazon Echo、Amazon Echo Dot など、Alexaを搭載したすべての端末と、Alexa Voice Serviceを利用するすべての端末です。

スマートホームスキルAPIについてを参照してください。

フラッシュブリーフィングスキルの開発の要件

フラッシュブリーフィングスキルを作成するには、次のものが必要です。

  • インターネットでアクセスできるコンテンツフィード(RSSまたはJSONを使用)で、コンテンツが継続的に更新されているもの。

フラッシュブリーフィングスキルAPIについてを参照してください。

次のステップ

概要:

前のステップ: