APLファイル形式とエンコーディング



APLファイル形式とエンコーディング

Alexa Presentation Language(APL)は、データをJSONデータシリアル化形式(ECMA-404)にエンコードして送信します。JSONのシリアル化とAPLプレゼンテーションの取り扱いについては、以下のガイドラインに従ってください。

Unicode

APLはUnicodeをサポートしており、スキル開発者は画面付きのAlexa搭載デバイス上で、ほぼすべての言語をテキスト表示することができます。

JSONオブジェクトの命名規則

JSONオブジェクトは、名前と値がペアになった順不同のセットです。それぞれの名前は文字列です。APLでは、組み込む名前の文字列について次の規則に従います。

  • 名前の文字列は、小文字および大文字のアルファベットのみを含みます。
  • 名前の文字列は、小文字から始めます。
  • 名前の文字列が「alignSelf」、「paddingLeft」、「fontSize」など2つ以上の単語で構成される場合は、キャメルケースの規則に従います。

予約済みオブジェクト名

APLでは、JSON名に小文字および大文字のアルファベット以外の文字で始まるものを使用します。APLランタイムでは、他の文字で始まるすべてのJSON名は無視されます。

大文字と小文字の区別

すべてのAPLプロパティと列挙値では、大文字と小文字が区別されます。