Amazon Developer Blogs

Amazon Developer Blogs

Showing posts by Toshimi Hatanaka

June 29, 2018

Toshimi Hatanaka

Alexa Skills Kit (ASK) Software Development Kit (SDK) for Python (beta) がリリースされました。Python SDK は Java 及びNode.js SDKと同じ機能をサポートし、AlexaからのリクエストやAlexaへのレスポンスを処理するために書かなければならないプログラムコードの量を大幅に減らすことができます。Pythonでプログラムを書ける方なら、このSDKを使うことで、Alexaや拡張性の高いPythonのライブラリやツールを活用した音声体験を素早く開発し公開することができます。

[Read More]

June 20, 2018

Toshimi Hatanaka

日本のお客様へのEcho Spot の発売開始がアナウンスされました。 Echo Spot は音声のパワーにビジュアルディスプレイをコンパクトなデザインの中に組み合わせることで、より魅力的な音声体験をお客様にお届けすることができます。このブログ記事では、Echo Spot向けに魅力的な音声ファーストのスキルを構築する方法を解説します。

[Read More]

January 09, 2018

Toshimi Hatanaka

Alexa Skills Kit を使って Alexa のスキルを開発を行っていく中で、せっかく作ったスキルがAlexaアプリのスキル一覧に表示されず、Echoデバイスでテストできないというトラブルがよく発生します。正しいステップで開発者アカウントを作成すればこの問題を避けることができます。この記事では開発者アカウントを作る際の注意点について説明しています。

[Read More]

December 26, 2017

Toshimi Hatanaka

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズの番外編です。Alexaからのレスポンスで話す音声をSSMLを使って調整する方法と、スキルが正常に動作するかを確認するためのスキルのテスト方法をご紹介します。

[Read More]

December 21, 2017

Toshimi Hatanaka

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズです。第6回では、スキルを公開するための申請について学習します。

[Read More]

December 06, 2017

Toshimi Hatanaka

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズです。第5回では、Alexaスキルと外部のWebシステムとの連携に利用するアカウントリンクとホームカード機能について学習します。

[Read More]

November 28, 2017

Toshimi Hatanaka

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズです。第4回の今回は、Alexaスキルにおけるデータの保存についてご紹介します。また、参考としてデバイスアドレス機能についてもご紹介します。

[Read More]

November 16, 2017

Toshimi Hatanaka

第3章

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズです。第3回の今回は、Alexaスキルにおける音声ユーザーインターフェースの設計について解説します。

[Read More]

November 14, 2017

Toshimi Hatanaka

私たちは11月8日に Amazon Echo, Echo Dot, Echo Plus と Alexa を日本で提供開始すると発表しました。続いて本日、ウェブベースのシミュレーター Echosim.io (通称:エコシム) が日本語のスキル開発のために使えるようになったことを発表します。

Echosim.io を通じて Alexa を体験する

iQuarius Media 社が提供する Echosim.io は、ブラウザ上で動作するため、誰でも、どこからでもアクセスして Alexa スキルをテストすることができます。つまり、Echosim.io があれば、スキルをテストするのに Alexa 対応デバイスを用意する必要はなくなります。

Echosim.io は Alexa Voice Service (AVS) と JavaScript のアニメーションを使用して実装されています。世界中の開発者は、Echosim.ioで、英語(米国、カナダ、英国、インド)、ドイツ語、そして日本語のスキルを体験することができます。

echosim言語設定

スキルをテストするには、Echosim.io にアクセスし、Amazon 開発者アカウントでログインして、使いたい言語を選んでください。マイクのボタンを長押しし、選んだ言語のスキルの呼び出しフレーズを話してください。まだスキルを開発していない場合でも、Amazon のアカウントで Echosim.io にログインし、体験することもできます。例えば、「アレクサ、今日の天気を教えて」と話しかけて、マイクのボタンを離すと、Echosim.io があなたの音声リクエストを処理し、答えてくれます。ぜひ試してみてください。

Echosim

 

日本の開発リソース、イベント

スキル開発をステップバイステップでお伝えするトレーニングシリーズや、エバンジェリストによるイベントなどをご用意しています。

 

ソーシャルメディアでも日本語での最新情報を発信しています。

 

November 09, 2017

Toshimi Hatanaka

第2章

日本のAlexaのためのスキルを開発する皆様に向けた6回にわたるトレーニングシリーズです。Alexaスキルの基礎、仕組み、スキルの開発と認証まで、幅広い内容を解説します。第2回の今回は、Alexaカスタムスキルの基本的な仕組みである対話モデルと、スキル開発に利用するAlexa SDKについて学習します。

[Read More]